スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に戦えるリーダーになる7つの裏技

最近は月に10冊くらいのペースです。読書。


そんな中で、本当に戦えるリーダーになる7つの裏技、というキャッチフレーズの本を読んだのですが、

この本は、狭い読者限定の内容でした。

大企業のミドルの部課長のテキストみたいです。

文章は苦手?なひとが、特徴を出さなくてはいけないとのことで、無理矢理な定義やスキルという言葉でよくある事例をならべてます。

仕事はかなり優秀でできる方なんでしょうが、本は読みにくい。

なぜ、おすすめしない本を載せたかというと、不思議だったから。


なんで、これが本になったのか?

それだけです。


さて、次に読むのは、沈黙です。


そのあと、また、ビジネス書に戻ります。

スポンサーサイト

仕事の本道

雑多な仕事が入ったとしても、

自分の仕事の本道がわかって入れば、

うまく行くものです。


仕事の真ん中を知ってるのかな?って思う人が多い。


本道を通れと言いたい。



仕事の責任

責任ある仕事をするには、

毎日の実現可能な仕事量を把握することが、まずは大事で、

次に、

それを超えた仕事の依頼が来たときに、どうするかのスタンスやルールを、

決めておくことも同じくらい大事です。


最大限コントロール可能な範囲の仕事量を知ることは、仕事の責任を考えることと同義です。


それを超えても仕事を引き受けるのか?

そこが現実の仕事の難しさです。

まじめと仕事の関係

ひと言で言えば、まじめだからと言って、仕事の評判がいいわけでもないし、

結果を出せるわけでもありません。


まじめの定義が、人それぞれですから、あまりこういう話も意味がないですけど…。

余裕があって、

笑顔があって、

そういうのを忘れてしまうと、まじめはマイナスイメージになってしまいます。

肩の力を抜いていきましょう。



八方美人は仕事には向かない

仕事では、みんなに好かれることはできません。

いい人は、好かれるかも知れませんが、

仕事に必要なのは、好かれることではなく、信用です。


仕事というものは、通常、利害の対立があるもので、

そこをハッキリさせていくので、

摩擦があって当たり前。


八方美人では、自分らしい仕事はできません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。