2つの仕事スタイル

仕事のスタイルとして、

①頼まれごとは、積極的に何でもやってみる、

②広げずに範囲を絞って進む、

この2つを比べてみて、

①の方が②より上と思いこんでいませんか?


さらに、①の方が、②より忙しいと思いこんでいませんか?

前回のブログに書きましたが、私は現在は、②のスタイルです。

なので、仕事を断りもします。

それは、保身とか自己利益ではないです。

自分に合ったスタイルだから選択しているだけ。

忙しさも①の人たちと同じか、それ以上に忙しいです。

選択している分野に関しては、猛烈に過酷で、いろいろ広げて、中途い半端なことをする余裕はないってことです。


範囲を絞る人たちを全部が一緒と見ないで、

それぞれの違うということをわかって欲しいですね。

こんなスタイルで仕事を続けています。

そこにあればいいという診療所

うちの診療所(さとう歯科クリニック)について、ちょくちょく問い合わせが増えましたので、

かんたんですが、説明を。


まずは、当院は大きな野望はなく、地元地域の中で「そこにある。」という静かに存在する診療所です。

なので戦略とか拡大路線とかは関係なく、

営業的に患者さんを集めたりすることには、全く興味もありません。

HP等もありません。

一応、今年の6月で20周年を迎えますが、

ほぼほぼ、

地元でも当院の近くに住む方の口腔内の健康管理ができればいいと思ってやっています。

規模も小さいままなので、

近くの人たちが、必要なときにそこにあって、来てくれればいい。

と、ただそれだけの診療所なのです。

私からすると、

日々、地域の中で、

静かに、

安心感を与えられる仕事を続けられたらと思っています。

ただ、それだけの診療所です。

体力的にも、ゆっくりと縮小していく時期です。

特に目とか呼吸器系が疲れるようになりました。

こんな感じで伝わりましたか?

わかりにくいですよね(笑)

そういうところなのです。





予定を早く知らせてもらっても・・・

2,3か月前から、予定を知らせてくる担当者がいます。

それはそれで、まあいいんですが、

後から入ってきた用件の方が、より大切かつ重要であれば、
そちらが優先です。

時間順ではないですね。

当たり前ですが、重要度優先です。


こういうことを説明すると角が立つので、なかなか言いにくいのが現状です。

早く知らせたのに何で断るんだよ!みたいな態度の人が、一番困りますね。

それでも流されず、自分の判断で予定を組みかえることが大切だと思ってますし、そうしてます。

コンサルタント

某専門誌の紙上で、医院経営のマネジメントの相談があり、

マネジメントコンサルタントという肩書の人が、
質問に答える形式にして記事にしていました。

要約してみますと、

ある先生の相談
「患者さんが増えつつあり、予約が取り難くなっているが、人件費もかかるので医院規模は大きくしたくないが、どうしたらいいか?」

という、何とも言い難い悩みに対して、

コンサルタントの回答は、

患者さんの支持を集めながら医院を存続させることが不可欠で、
院長の強いリーダーシップのもと、明確な方針を打ち出せるかが、大きなポイントである。

というようなものでした。

何の意味もない記事でした・・。

でも、医療のコンサルタントって、まあ、大概はこのレベルです。

コンサルタントは、頼まない方がいいですよ、若い先生たち。

2月 最近の状況

2月も中旬をすぎました。

さとう歯科クリニックは、1月よりは予約がやや入りやすいです。

時間を選ばなければ…。


まだポツポツといるのですが、

予約を守らない人、

勝手に来なくなる人、

お店の消費型サービスと勘違いしている人は、

当院では、治療を引き受けしできません。


よろしくお願いいたします。




1月の予約状況

1月12日のさとう歯科クリニックの予約状況です。

1月は、連日混みあっています。

私のスケジュールと疲労もピーク間近です。

2週間くらいは、予約が埋まっていますので、急ぎの要望にはお応えできません。

かなり前から予約で待っている方が優先ですのでよろしくお願いします。


※新たに来院希望の方は、2月以降ご検討下さい。

年末の混み具合

忙しくて、更新できずにいました。


さとう歯科クリニックの年末の診療ですが、全て予約がいっぱいです。

新たに来院希望の方は、1月中頃よりご検討下さい。

通院中、定期健診中で急な症状のある場合は、予約状況に関わらず診ますので電話で連絡して下さい。

よろしくお願いします。


今年は、絶え間なく仕事続きで、私もバテてます。

最後の1週間、丁寧に締めたいと思います。



増幅しない、減衰しない

仕事で経験を重ねたら、

クッションのような役割を果たすことが必要で、

あらゆる事象を自分のフィルターを通して、

増幅したり、減衰したりしないことが大切。


ありのままに見て、伝える。

スピーカーになって増幅するのは、

経験の浅い未熟者と同じです。

逆スピーカーになって減衰するのも、

リスク管理のできない未熟者。

そのままっていうのが、なかなか難しい。

人にはそれぞれのフィルターがあるから。

今日もニュートラルに仕事へ向かいます。

仕事 小さな仕事の積み重ね

小さな仕事が、仕事の本質。

小さいって言い方がしっくりきませんけど、

小さなタスクがとても重要。

大きな作業は、目立ちますから、修正は容易。


小さいことが大切だって気づいてる人が、仕事では成果を出します。

そして長く働ける。


小さなことが、正しく積み重なって、ゴールできます。

ゴールの幅が狭いほど、ひとつひとつの小さな仕事の正確さが、あとになって響きます。

目の前のひとつひとつを丁寧にやることですね。

外部発信のリスク

ざっくりとした感想ですが、今年は仕事の流れがいいです。

2年ほど前に比べると全然違います。

規模的には受け入れできる人数は限られているので、

HPや院内新聞、広告などで外部発信をしないことにしています。

外部発信することで、受け入れできる仕事量以上の集客リスクを避けるためです。

2年ほど前のある時期は、結構、暇な期間が1年くらいありましたが、

そのときも、同じスタンスでした。

開業して間もない時期とか、

都市部ではこうはいかないでしょうね。

田舎で20年やって、やっといい流れができたかなという感じです。

営業、集客せず、今の患者さんたちに集中していくことが、うちの診療所の長い間の方針です。

私の個人的な考えですが、医療機関、診療所は、

『現在の待ち時間』

『本日、何時に、何人入れるか』

を1日1回か2回更新で発信して欲しいです。

HPでもフェイスブックでも何でも。

まあ、うちはそれもやってませんが、玄関のホワイトボードには、入れる人数だけは提示してます。

話は飛んで、

秋田市で都市部の歯科医院らしいHPを見つけました。
なかいちの近くにできた歯科医院みたいです。

なかいちキッズワールドデンタルクリニック

開業したばかりだと、こうやって集客の努力が必要です。

続くかどうかは、腕次第ですけどね。

広告はあまりしてませんが、矯正なら山内歯科矯正歯科が、私のお薦めです。