スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のとっているコミュニケーションの効果

子どもから帰ってくる反応、相手から帰ってくる反応(フィードバック)は、
今、自分がとっているコミュニケーションの効果といわれています。


なぜ、子どもはこんな反応をするのか?

そんな行き詰ったときに、ちょっと自分のことを振り返ってみる。
自分にも何かあるのかなーと。

それと似ていますが、

子どもや、他人の嫌な部分は、自分の嫌な部分の”投影”である。こんな話もよく聞きますよね。

以前売れた本「鏡の法則」も、この視点から書かれています。
私たちは、他人をみることで、自分自身のことに気づくときがあります。
「自責」を促す教訓話なんですが、
それをストーリーにしたところが、心に入り込んだのでしょう。


自分の伝えたいメッセージをダイレクトな言葉でなく、
ストーリー、詩、歌、絵、映像にして伝えることもできます。
もちろん行動でも。

私は、それが苦手なので、そういことができる人に強く惹かれます。
ただし、苦手の克服よりは、得意を磨くことに専念しますけど(^.^)

私は、言葉と行動をピカピカと磨きたいです。
スポンサーサイト

仕事でフィードバックを使う

きょうの午前中の仕事は、21名の方が来てくれました。
ありがたいことです(^.^)

私は、仕事で”フィードバック”というコミュニケーションをとります。

これは、「相手の鏡になる」ことで、客観的事実を伝えます。。
もう一つは、その人を見て、聞いて、自分が内面で感じた主観的事実を相手に伝えることです。

私も専門職なので、評価してアドバイス、助言もできるのですが、
最初は、フィードバックです。

フィードバックには、評価、批判、強制、忠告は入りません。

実は、フィードバックが、人に変化を起こす最良の方法かもしれません。
そして、とても使いやすい。

特に初対面の人には、いきなりの評価よりは、フィードバックと承認がとても有効です。
午前中も2名の方にフィードバックをしました。
とても効果があります。

それでも、仕事で一番使っているコミュニケーションスキルは、
私の場合は、場を和ませるアイスブレイクかもしれません(^.^)

最高のセミナーは?

今まで、いろんな講座、セミナー、研究会に出ました。
田舎にいると、なかなか近くによい講座がないので苦労します。

今は、講座に出たり、自分で主催したりしていますが、
意識の高い人と知り合いになれる機会が増えるので、成長が加速されます。

そんな私が、最高に学べる講座って、どんな講座だと思いますか?

ずばり”現場です”(*^_^*)

日常の仕事、生活の中では、リアルな現実と毎日遭遇します。
それこそが最高の学びになります。

講座にでて、自分にない視点を学ぶことは大切ですが、
それを毎日の中で使うのは自分です。

多くの講座に、どんどん積極的に参加するのも必要な時期はあると思いますが、
それ以上に、毎日の日常から学ぶこととの尊さを忘れてはいけないと思っています。

私は、専業のコーチではなく、現場の仕事を持っています。
コーチングだけに使える時間も少ないです。

しかし、毎日がリアルな”現場”ですから、学びの宝庫です!
兼業でしか体験できないことがある。
それこそが、”最高のセミナー”だと心から思っています。


今、目の前にある困難、問題こそが最高の学ぶ機会です。

エネルギーを回復してくれる人と場所

日曜日だというのに、朝から体調不良(風邪?)のまま、
午前中はひとりで職場で仕事をしました。

締切のある仕事なので、昼ごろまで何とか目途をつけましたが、体がふらふらです。

こんな状態でも仕事をした自分へのご褒美に、酒田までドライブへ。
しばらく休んでませんでしたからね。

お気に入りのフラワーショップ Lotus Gardenさんへ。
http://www.lotusgarden.jp/info.html

気さくな店長さんと店員さんにすすめられて、こんな花をつける鉢を購入しました。
ご褒美、ご褒美!

ロータス


体調は、すぐれないものの、気分は少し↑です。

遅い昼食に、これまたいつも行くカレー屋の「ALBA」さんへ。
いつも忙しいながらも、感じの良い接客です。

http://www.kitaboshi.com/gourmet/b/alba/
カレー


気分は、↑↑です。

近くのBOOK OFF さんで、書籍を18冊ほど購入して、

三崎公園へ行きました(^.^)

体調は、不良のまま、気持ちだけは↑↑↑です。

三崎公園


あー。気持ちいい風景です。

エネルギーがダウンしていても、無理にやる気を出さなくても、
それでも、自分のペースを見つければ、前にはすすめるものです(^.^)

エネルギーを回復したい時は、いつものお気に入りの人、風景に立ち寄るといいです。

帰る途中、一旦、仕事場に寄って、最後の仕上げをした自分を、
ひとりで褒めてから、帰って休みました。

みなさんもエネルギーが低くなったときに、回復できる人や場所を持つといいですよ。

具体的なことを抽象的にする

今、読んでいる本ですが、

「インナーワーク」  ティモシーガルウェイ
「夢をかなえる勉強法」 伊藤真
「見た目の流儀」  岡野宏

忙しいときでも本だけはやめられません。

本を読むときに、具体的なことを抽象的にすると応用が効くようになります。

例えば
・イチロー選手は、目を大切にしているので、シーズン中はテレビを見ない。
・外科の一流ドクターは、食事中に物を倒したり、落としたりしないように手を動かす。

これを読んでどう思いますか。

私なりに抽象度を上げてみると

「一流の人は、自分の体の大切な部分を日常的に意識している」


こんな感じになります。
そうすると今度は、応用できるようになりますよね。

私の場合は、仕事が、言葉を使ったコミュニケーションですから、

「講座やコーチングセッションのときだけでなく、普段から言葉の使い方を意識しよう。」

具体的には、
・人に聞きにくい口癖、私の場合は、「えーっと」などを意識して使わない
・汚い言葉を使わない
・語彙を増やすように意識する    などなど 

なんとなく伝わりましたか(^.^)

まとめてみると、
本を読んだり、体験から学ぶときに、そのことだけにとらわれずに、
具体的なことをちょっと抽象化してみる。そして、それを応用してみる。

具体的→抽象的→具体的

どんな人でも、何気なくやっていることなんですが、
意識することでより、応用範囲が広がります。

※ちなみにコーチングでは、チャンクアップ、チャンクダウンという方法を使いますが、
より具体的にしていくほうが多いです(*^^)v
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。