家庭と職場を変える魔法のほめ方講座(全3回)

にかほ市広報1.15号より転載いたします。

期日:2月9日(水)、16日(水)、3月2日(水)
時間:初回のみ午前10時30分~12時、2回目以降午後7時~8時半
会場:仁賀保公民館
受講料:テキスト代1000円/1回
申込期限:2月7日(月)
※託児あり。要申込
申込・問合せ先 仁賀保公民館 0184-37-3121

1回目は、主に家庭でのほめ方が主な内容です。
2回目は、職場や人間関係を円滑にするほめ方です。
3日目は、実際の体験談やまとめなどを予定しております。

ちなみに12月の秋田市のほめ方講座(1回)では、満足度97%を頂きました。
にかほ市近郊でご興味ある方は、ご検討下さいませ。

ビジネスマン、医療関係者、子育てのお母さん、病気や認知症をご家族に抱えている方などにもお薦めです。
スポーツ指導、教育者、婚活中の人にもいいかも。

ほめることで最も変わることは・・・。

自分が楽になることです(^.^)

安藤潔コーチの「医療にコーチングを活かす」

先ほど「医療にコーチングを活かす」1回目の電話クラスが終了しました。

安藤潔先生のクラスです。「難病患者を支えるコーチングサポートの実際」を書かれた先生です。

医療関係者だけのクラスということもあり、体験談のシェアを期待して参加しました。
医師、看護師、管理栄養士、医療事務の方などが参加されていました。

1回目を終了して感じたことです。
医療現場でのコーチング活用は、まだまだこれからだなーと。

医療現場特有のコーチング活用法があれば学びたいと思っていますが、どうでしょう?

私なりの答えもありますが、それを披露するのは2月の高齢者看護研修です。

私の考えにない新しい視点のヒントが欲しいと思い、これから安藤コーチや参加者のみなさんと一緒に関わってクラスを作り上げていきたいと思っています。

参加者でも、クラスを作る意識を持って私は臨んでいます。

続きを読む »

意識を変える会話

「何か変わったことはありませんか?」

診療中によく私が使う質問です。
(具合の悪いところはどこですか?とは聞きません。)

その時、いい変化を話す人、悪い変化を話す人がいます。

その中で、私たちがどんな治療しても、何をしても、必ず具合の悪いところだけに意識を向けて話す人がいます。

体調が悪いとき、家族に不幸があったとき、病気の時などのライフイベントとは全く無関係に、常に悪いところだけしか話さない人・・・。

まあ、医療関係者の中には、悪いところだけに焦点を当てて会話を進めて行く人が多いので、医療機関ではそういうことを話すのが患者さんにとっては当たり前の場所なのかも知れません。

続きを読む »

認知症ケアに役立つコーチングスキル

明日は東京行きなのですが、何故かブログにはまっています(笑)
2~3日ブログとメール返信がお休みになります。

もう完全に休日モードに入りました(^.^)

さて、前回のブログで紹介した高齢者看護研修の内容を一部紹介します。

認知症ケアにどのようにコーチングの技術を役立てるか?ということに焦点を絞ります。

認知症ケアで最も大切なことは、相手を人として尊重すること。
コーチングで最も大切なことも全く同じで相手を尊重して対等に向き合うこと。

コーチングの技術の中で特に認知症ケアに有効だと私が感じている技術を紹介いたします。
これは、難しいことではなく、ちょっとしたトレーニングで誰にでも使える技術です。

・自分(介護者)の自己肯定感を高める技術。
・共感して相手の話を聞く技術

続きを読む »

認知症に効くコミュニケーションの技術

県北、中央、県南と3か所に分けて開催する高齢者看護研修も2月の県南地区が最後になります。

参加者がそれぞれ違うため、基本的には同じ内容を3回やることになっています。


しかし、私は1回と、2回目の内容を変えました。
そして、次回も内容が大きく変わります。

講座を開催することによって返ってくるフィードバックからの学び。
講座テーマにアンテナが立つことによって集まってくる最新情報。

「講座は生きもの」だと思っています。

学びがあれば、それを次回の講座に活かすのは当たり前です。
なので私は迷わず内容を変えていきます。
より学びの深い講座を目標にして。

講座準備としては、まあ、効率が悪いです。
特に今回は、1,2回目の内容を全て忘れることにしてゼロベースから組み立てています。

今までも決して参加者の満足度が低かったわけではありませんよ。

「同じ内容でいいや。」

と思ったら、私は講座を辞めるでしょう。

続きを読む »