本荘でパステル和みアート四人展開催 24日~

今年も昨年と同じ会場での開催のようです。



体験コーナーはいつも人気ですが、先生たち4人いるので、大丈夫だと思います。

ふらっとどうぞ♪

秋のスケジュール

この先、娘のスケジュールがぎっしりで、私もできる範囲でサポートにまわります。

なので、自分の仕事以外の予定は入れないように。

11月中頃の生駒先生のバレエスタジオの発表会までが、今年のヤマ場です。

しばらくは、こんな感じです。

秋の夕日 仁賀保港

秋晴れでしたね!

夕方、仁賀保港へ。



美しい夕日でした。

いちこまうどん

木曜日、診療と往診の日でした。

10月は、予約が空いていて、ひとりひとりの患者さんにじっくり時間がとれます。

暇とは言わない私です(笑)

それでも、結構、時間が空くので、ブログも少し復活しました(笑)
セミナー準備も進めてます。


夜は、21時からセッションだっだので、気分のリフレッシュも兼ねて外食することに。
診療とセッションは、切り替えが必要ですからね。

いつもの、本荘いちこまさんへ。

そして、最近の定番「いちこまうどん」を注文。

野菜たっぷりで、ホントに美味しいです~♪
お薦め!


P1020408.jpg

味が進化しているような気がします。

予約の人だけの営業日もあるので電話してから行くのがいいです。

かなり人気店です。

コミュニケーションをどう学ぶか?という質問

コーチの佐藤です。

「秋田でどうやって、コーチングを学んでいったらいいですか?」という質問を時々、受けることがあります。

私がアドバイスするのは、

①知人で実際にコーチングをやってる人に話を聞いてみる

②ネット情報は多すぎるのと、広告宣伝のバイアスが強すぎるので、

 1,2冊本を読んで、単発のワークショップに参加してみる。

ここまで進んでみてさらに学びたいという気持ちが強いのなら、もう少し詳細なアドバイスをしています。
コミュニケーション手法は、目的によっていろんな種類があるので、ここで考えるはずです。

2,3カ月のコーチングを受けてみる。これはお試しでもOK。とにかく、受けてみることです。

美味しい料理を作れるようになるには、まず美味しい物を食べてみることからスタートするようなものです。

③連続して学べるセミナーなどに参加してみる。

このセミナー選びには、ちょっとコツが要りますね。

感覚的には、1年くらいあれば、それなりに基礎は学べると思います。

毎日、使ってみて実践する。時々フィードバックをもらう。


最後に一番大事なことを・・・。

コミュニケーションは研修室で磨くものではありません。
現場で磨くのです。


学問じゃないのですから。

なので、1~2年学んだら、日々、実践で磨いて行って、時々、フィードバックももらうために研修に参加するのがお薦めです。

とにかく、コミュニケーションは現場で使って使って、そこで磨いて下さい。