自分も相手も大切にするコミュニケーション

自分を大切にすること

相手を大切にすること

コミュニケーションでは、どちらも大切です。
コミュニケーションは、双方向でのやり取りですから、自分と相手の間で繰り返されます。

最初のきっかけ(スタート)をどちらにしていますか?

「あなたは、どうしたいの?」
こんな質問は、相手を大切にすることに最初のきっかけを置いています。

「私は、~こう感じる。」
こんなIメッセージは、自分の気持ちを大切にすることを最初のきっかけにしています。


どちらにしても、自分の投げかけたコミュンケーションの反応が相手から返ってきます。

そこで相手の話を聞き、相手のことを思いながら、自分のことも考える。
お互いにすり合わせしていく。

この繰り返しがコミュニケーションです。


きっかけ(スタート)は違っても、実は上記した両者は同じことです。

コーチングの場合では、質問から入ることが多いと思います。
親業では、Iメッセージから入ることが多いかも知れません。

どちらもアサーティブネスです♪

大切なのは、バランス感覚でしょう。


もし、自分があまりに自分を抑えて、相手のために頑張りすぎていたら、まずは自分の気持ちを大切にするIメッセージからスタートしてみるのもいいかも知れません。

もし、自分が何だかひとりで浮いていると感じたら、相手に問いかける質問からスタートしてみるのもいいかも知れません。


コーチの仕事は、どちらかに軸足が偏りすぎているときに、フィードバックをすること。
ひとりで気づくのは、なかなか難しいですから。


先日のセミナーを振り返りながらふと思ったことを書きました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)