ほめ方講座パート2の参加者の感想①

・昨日の講座参加者の方からメールを頂きました。
実は、かなり体調が悪かったのに、無理を押して最後まで参加して下さったそうです。
それだけ参加したかったのだとか・・・。
ありがとうございます。そして○○さん、お大事に。

・若松さんも実は、毎年参加しいている市民フェスタと同日だったのに、ほめ方講座の講師をしてくれました。
こちらも、本当にありがとうございます。来年度は、ダブらない日程になるように配慮いたします。

他の参加者のみなさんも、いろいろな予定を抱えながら参加してくれました。
受験生の母、仕事が忙しいなどなど。

わざわざ時間を作って参加してくれるメンバーが集まったおかげでとてもいい時間になりました。
今回は、講座中よりも終わってからの方がジワッと力が湧いてきました。
「あとから効く講座」という意味を今回、私自身が初めて実感しました。

では、さっそくアンケートから参加者のみなさんの声を紹介いたします。 (心に響いたところ)

・若松先生の4コマ漫画。とても深い4コマ漫画でした。
完璧にできていなくても、できていることを伝えるだけでいいんだと、気づきました。

・田○さんの体験談を聞いて、行動力が凄いと思いました。

・参加者のみなさんを見ながら、「動けば変わる」ということを教えて頂きました。

・たくさんほめて頂いてとてもHAPPYな気分です。ほめるタイミングと無意識の意識化が響きました。

・「ほめ」は世界を救う!

・無意識の意識化は、目から鱗でした!

・ほめは、ほめを増やすということ。みなさんの笑顔。

・先生の体験談で、がんばっているのにダメだったと言う人に、「でもがんばってきたところ」をほめて返してあげるというところに、ほめ方のポイントを見た気がしました。

・どちらが聞きやすいか、向きにも気を配るきめ細かさに感動しました。

・佐藤コーチは、最後がしまらなかったといいますが、久しぶりにセッション良かったです。
小○○さんとのセッション、わくわくしました。

・ワークがよかった。傾聴・・・。

特に多かったのは、「ほめるタイミング」、「無意識の意識化」、「体験談」の3つです。
あとは、内容よりも“場”の雰囲気が好きで参加する方も多いです。

これもまたありですね(笑)

これから届く感想もありますので、またご紹介いたします。

お洒落な参加者のみなさん。春らしい色の洋服がふえていい雰囲気でした。
講座③


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)