スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナウンスする

きのうの職場での朝礼で私は2つのことをアナウンスしました。

①私たちの最重要の仕事は「患者さん」を治療すること

スタッフの仕事の動きがおかしくなって来たので、敢えて当たり前のことをアナウンスしました。
他の仕事は全てこれを支えるための間接的なものです。
自分たちの仕事の軸となっていることを今一度、みなさんも確認してみてくださいね。

例えば、私に自分の仕事をサポートしてもらう秘書がいたとします。
どんなに時間が空いたからといって、秘書の仕事を手伝うことはしません。
自分だけができる本来やるべき仕事を生み出す努力をしなくてはなりません。

それができなければ秘書を雇う資格はないのです。
というか必要ないですね。

②治療の診断・判断は私の仕事です。なので、そこにスタッフは立ち入らないこと。
2つの目のアナウンスはこれでした。

私が仕事で最も譲れないのはこの境界線なのですが、なぜか何年経って伝わりません。
しかしコミュニケーションの基本は、伝わらなくて当たり前。

だから、何度もアナウンスするのです。
放射線で汚染された水を海にやむなく放出したニュースが流れました。漁業関係者、周辺諸国からの懸念と抗議が東京電力にあったことはご存じだと思います。

リーダー不在で、アナウンスなし。これがこういう結果をもたらします。

国のトップが「今、一番優先させること。(常温冷却)」をアナウンスして、漁業関係者への生活のフォローもしっかりとアナウンスしていれば・・・。
国のトップがアナウンスせず、責任を東京電力に押しつけているので、国民の憎悪の感情が東京電力に向いていきます。この事態は、東京電力には荷が重すぎます。
これだけの大災害、全て東京電力が悪いような流れを作っているのは考えものです。

アナウンスしなければ、人は自分のことを最優先で考えるのは当たり前なのです。
そして、憎しみや怒りを生む悪循環・・・。

トップの仕事は、アナウンスすることです。

(この件は、あまり突っ込みません。)

必要なことは、アナウンスしましょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。