2つの大きな出来事と私の気持ち

・9月7日にある講演会を企画していたのですが、今朝、同日の別の講演会の連絡が入りました。
参加対象、地域などが重なってしまいこのままだと参加者が割れそうなので、急遽、7日の予定を変更することが余儀なくされました。
しかし依頼していた講師の方も、私とご一緒している幹事の方も、とても柔軟にしかも迅速に予定の変更に対応して下さいました。愚痴の一つもこぼさず・・・。

もう、こういうときは感謝以外の言葉が出ません!!
ありがとうございます。仕事をご一緒できることに感謝いたします。

・きょうはもう一つの大きな出来事がありました。

8年間勤務したあるスタッフからの退職願いがありました。
(知りあったのは20年前ですが・・・。)

私もなんとなくわかっていました。
もう仕事を辞めると決心した人を止めることはできません。

「お互いに変化するチャンスかもね。」と私が話したとき、彼女からは「最後の賭けかな。」という言葉が出ました。
「賭け」という言葉に心に秘めた想いを感じました。

辞めていくスタッフに対しては、経営者というものは、複雑な想いと感情が湧き上がります。
人間ですから当然です。

そんな感情を持ちながら、起こっている現状を受けとめ、これを変化するためのチャンスととらえて、前に向かっていきます。私のできる行動を考えます。

※悪い状態の歯を難儀して抜いたとき、女性というのは実にさっぱりとした表情をするものです。退職を決めた彼女もまた、抜歯したあとのように何だか表情がスッキリとしていました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)