スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

達成できる人、できない人の傾向

日曜日は子どもの自由研究を一緒にやる日です。
これから教養大学の図書館に移動します。

さて今日は、「達成できる人」の話です。

例えば、何かのプロジェクトの人選、採用などでは、達成できる人を予想しなくてはなりません。
そういう経験から、私が現在感じていることを書いてみます。
(私自身も失敗経験多数ありです。)


失敗が起こったときにとる人の傾向はこんな感じになります。

①失敗の原因を探り、自分の能力を責める

②原因を探り、人のせいにする

③原因を探り、環境や運とみなす

④原因など探らず、失敗からの学びをもとに次の行動を考える


達成できるのはもちろん③,④タイプの人たちです。

①は、自分に自信がなくてあきらめる人。
②は、他責が強く、人の応援が得られず雰囲気を悪化させ、達成できず。

③自己肯定感が高いので根拠なき自信もあり、達成する可能性が高い!
④珍しいタイプです。が大仕事も可能で、こらからの主流になっていきそうです。私のお薦め。

では、どうしたらそうなることができるか?

それは、帰ってからにします(笑)

それでは、行ってきます!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。