もう一つの準備

おはようございます。
歯科医師&コーチの佐藤です。

今日は午後から、西目のシーガルで先生たちへの講話があります。
準備は、ほぼ完了しました。

そして、講話のときには私にはもうひとつの大切な準備があります。
それは、私が不在の時の診療所の仕事(ワーク)を準備することです。

なので私が平日に講演・講話をするときは同時に2つの仕事の準備をすることになります。

午後からうちのスタッフたちのやる仕事を学べるようなワークにします。

企業秘密ですが、ちょっとだけ公開します。

今回のテーマは、防災訓練と問診トレーニング。

①実際に地震を想定して、患者誘導、避難の訓練を体験してみる。
体を動かすことがポイントです。

②その後に体験からの学びをシェア
ここからちょっとワーク的に学びます。

・2人組で体験から学びを交代で話す。
意識するのはここです。「ひとつ質問する。否定せず聞く。」

・これは終わったら2人のシェアリング。
・次に全体のシェアリング

防災訓練をしながらも、質問して聞くということも同時にトレーニングします。

その後は、時間があれば、同じ手法で次のテーマをワークします。

①患者さんに自分が情報提供できること?
②仕事で友達言葉を使う、使わないの基準は?
③問診で大切なことを引き出すために 体験談の発表
④予約制でできること、できないことの境目は?

これが私が講話で外出するときの診療所向けの研修プログラムです。
(頭のいい人がやりがちなのが、いきなりの鋭い尋問です。これは失敗パターンなので要注意。)

講話と同じくらい準備が難しいです。

※私が講演で外出してもうちの売り上げが落ちないのは、診療のない日の時間の使い方が鍵になっていると思います。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)