スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人との関係性の変化

2010年度の神奈川県のデータをおかりします。

「65歳以上の高齢者虐待件数 651件で過去最多。
大半を占めるのが、介護を必要とする親への息子からの虐待。
介護を必要とする人の約半数は、認知症とみられる。

被害者の6割は女性。
家族の虐待は、息子、夫、娘の順で多い。」

ちょっと暗いニュースですが、これが今の日本の現状です。

幼児の虐待も増えています。

原因は、ひと言では言えません。
それぞれの専門家が、それぞれの視点で、その原因を推測しています。

心理学を学んでいる先生たちは、「人との関係性の変化」にその原因を感じています。


人との関係性がつくれない人が増えました。

孤独な人が増えました。

つながりのない人たちが増えました。

こういう現実は、みなさんも日々感じていることでしょう。
これが日本の現実だそうです。

こういう人が大人になると、いろいろな問題を起こすのだそうです。
(特に親子関係が基盤になるので、そこに焦点を当てられることが多いですね。)


これから親子関係に限らず、ますますコミュニケーションの大切さが求められる時代になっていくと私は感じています。

「人とのつながり」

これが大切なポイントのような気がしています。
喜びは、人とのつながりの中で共有するものだからです。


今日は、これくらいで失礼します。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。