反射的な質問について

診療所、病院でよくある会話です。

「どこか具合悪くないですか?」

「1週間前にぶつけてから痛みがとれないんです。」

「どこが、どんな感じに痛みますか?」


患者さんとの会話のスタートがこんな感じで、これ以降も会話は続いていきます。
当たり前の光景であり、当たり前の会話です。



もし、この会話に何となく違和感を感じる人だけ、この先をお読みください。

全てのケースではありませんが、私は先日このような会話を耳にしてとても違和感を感じました。

「ぶつけてから痛みがとれないんです。」

と患者さんが訴えているのですから、

「ぶつけてから、痛みがとれないんですね。」

とまずは共感する気持ちを言葉にして欲しかったのです。


質問はそれからだと思うのです。


あまり、わかってはもらえない小さなことかも知れませんが、私に大きく見えるんですよね。

相手の言葉を繰り返して共感する  ⇒  それから質問

こういう会話がいつでもできる人が増えると嬉しいのですが・・。
テクニックというよりも、共感能力だと感じます。

みなさんも、共感を飛ばして、反射的に質問していませんか?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)