スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話を聞いてもらえる人になるには?

ある職場で仕事の成果を上げるために、仕事成績がよくて、お客さんからの評判のいい人の仕事ぶりをビデオ撮影したそうです。

ところが、シェアリングすると仕事成績の悪い人ほど、仕事成績のいい人の仕事ぶりを批判するということが起こります。
自分と違うやり方が受け入れられないからです。
その理由は「あの人のやり方は好きじゃない。」ということらしいです。

それはそうですよね。
人のいいところを見抜いて、真似できるくらいなら、そもそも仕事の成績がいいはずです(^.^)

なので、その職場では、できない人が、できる人の話を聞こうとしません。

さらに、仕事の結果を出している人も、口だけで結果の伴わない人の話を聞こうとはしません。

まとめてみると

・仕事のできる人の話は、聞けない。
・仕事のできない口だけの人の話も、聞けない。

さて、どうしましょうね(笑)

みなさんは、どんな人の話なら聞けますか?

(仕事のお客さんや家族は除いて考えてみて下さいね。)



それぞれにいろんな答えがあることでしょう。

ちなみに私は、つきつめてみると・・・。
この3つかな。

・実績があり、そこに体験談やエピソードのある人。

・自分で行動して、結果も伴っている人。

・夢に向かって明るく行動している人。

興味、面白さ、笑いはこういうことが基盤になっている人から生まれるものです。



みなさんの答えは何でしょうね(^.^)

その答えは、たぶん、自分の求めている理想の姿かも知れません。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。