コミュニケーションの鬼

私は自分の仕事、つまり診療に「コミュニケーションを活かそう」と決めています。

なので患者さんの「診療の成果を上げる」ために、ありとあらゆることをやります。
コミュニケーションの基本ルールを身につけた上で、あえてルールに縛られない使い方をします。

それを超えるために。

いくら頭でわかっていても自分で使ってみなければ絶対に身につきません。
だんだんと自分の体験からしかわからないことがたくさん発見されます。

例えば診療中は「聞く」ことはとても役立ちますが、「聞かない」ことも同じくらい役立つことを知っていますか?

私は診療中、ありとあらゆるコミュニケーションにトライます。

「聞かない。」

「話していることがさっぱりわからないので、もう一度教えてもらえますか?」などの突っ込みを入れる。
(素直にフィードバックするだけのでこれは当たり前かな?)

「無視する。」

「質問に答えず、全く別の質問をする。」


コミュニケーションの常識に反するようなこういうこともやります(^.^)
ちょっとした劇薬ですね。


ポイントは、普段の基本的なコミュニケーションの積み重ねととやるタイミングです。
楽しいですよ。

効果が劇的にハッキリできますから(^.^)

たまにコケますけど(笑)

これはすべて、患者さんの診療を前に進めるためにやります

私にとっては「聞かない」タイミングを身につけたことはとても役立っているのが事実です。
初めて明かしますが・・・。

みなさんもコミュニケーションの鬼になってみて下さい。
ハハハッ。

相手のために。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)