自分のスタイルで勝負する

来週22日ににかほ市でお口の健康教室の講和を担当します。

もちろん歯科医師としての仕事です。

こういう講和で話すための資料は、通常、歯科医師会などが持っているので借りる人も多いです。
パワポのデータを載せたよくある資料です。
そして資料を見せながら、わかりやすく病気の仕組みや予防を説明するパターンがほぼ100%です。

が、私はこれをやりません。

これをやっても参加者の生活習慣は変わらないことを知っているからです。
それにこのスタイルは誰がやってもできるので私がやることに意味がありません。


このような健康教室であっても、私はワークショップをします。
パワポなんて使わない。

参加者と一緒に楽しみ、そして考えてもらいます。


口の機能が弱くなった人が対象ですが、原因や理由の説明にも時間をかけません。
だって、使わないから弱くなっただけですから(^.^)

私は自分の専門分野の講和であろうとも、自分のスタイルを貫きます。

だってその方が面白いでしょ♪

歯科医師としての私、コーチとしての私、どちらの強みも活かせるやり方です。

そして対象は、高齢者のみなさん。


理解より共感。
そして行動を引き出すのが私の役目です。


楽しんで私も参加します。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)