スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長の節目で起こること

昔の話ですが、私が診療所開設の準備を進めていたとき、ある問題が発生しました。

私としては下積みの経験を積んで、準備をして、まわりにも配慮して「さあ、これから!」と意気揚々としていたときです。ある方が、嫌がらせとも思えるようなことでからんできたのです。

さて、こういうときは相場が決まっています(^.^)

「えーっ、何でこの人が!!」と思うような人が、犯人であることがほとんどなのです。

私もそうでした。
世の中怖いなーとつくづく思いました。

みなさんも長く生きているとこういうことは何度が経験していることでしょう。

今、45歳のヒヨッコの私ですが、人が成長していくとき、節目節目でこういうことが必ずといっていいほど起こるということがだんだんとわかってきました。

成長のステージがひとつ大きく上がるときによく起こります。

私の場合では、開業直前、診療所が大きく伸びたとき、自宅を建築したときなどもそうでした。

例えば自宅を建てたときでさえ、祝福してくれる人がいる中で、なぜか近い身内からひがみとも思えるクレームがやってきたりします。そういう人たちの特徴は、間違いなく自分が満たされていない人たちです。

さて、こういうときに味方になって助けてくれた人たちのことは今でも忘れることはありません。

恩人です。おおすみ歯科の佐々木先生もその一人です。

そして、こういう節目節目をきっかけにして、私がおつきあいする人も少しずつ変化してきました。

こういうときに、つき合う人が変わります。
共鳴できる人たちに。


みなさんも、苦しいとき、大きく成長しようとしたとき、間違いを犯したとき、大成功したときなどにきっとこういうことが起こるでしょう。
そんなとき、完璧とは言えないまだまだヒヨッコのあなたを優しい心で応援してくれる人がわかるチャンスだと思って下さい。

こういう話をしたのは、自分の歯科診療所が今、節目を向かえていると感じているからです。

何かが起こることでしょう。
先月のあれも小さな前兆のようなもの。

これからです。

成長速度や価値に共鳴できる人、できない人が現れると思います。

これが仕事のふつうですよ、みなさん(^.^)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。