1点突破の進め方

午前中の治療です。
痛みや症状がないと治療に踏み切れない患者さんの検診をしました。

なので「ひとつだけ」に的を絞って治療の提案をしました。

「今回、ここだけはやりませんか?」

治療が怖い人も、ひとつだけならかなりの確率でOKしてくれます。
今回、その患者さん、初のOKでした(^.^)


これは小さなケースですが、私はいろんな場面で1点突破を意識します。

例えば、来週、ある会合に参加するのですが、そのときに誰に会って話をするのかを決めています。

ひとりに。

その方は、集まる人たちの中のトップのポジションです。

そして率直に誠意を持って話を聞きます。

そして話していいと思ったら、話す。

五感に訴える資料も準備しています。

とまあ、こんな感じで私はけっこう、1点突破の進め方を好みます。

力を分散させず、たまにはみなさんも1点に的を絞ってみませんか?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)