人のよさの見つけ方

日曜日に遊学舎で勉強会をします。
人のよさを探す勉強会です。そのまんまのタイトルで「いいとこ探し勉強会」。

みなさんは、毎日、どうやって人のいいところを探していますか?



私は毎日、診療で30人以上の方の治療をします。
意外に多いのが、こんな言葉です。

「ボロボロで見せるのが恥ずかしいのですが・・・。」

とか

「もう私の口の中ボロボロです・・・。」

そこで私がよく診査してみると、もういいところがないというケースはほとんどありません。
一部の悪い歯があるだけなのに「私の口の中は全部ダメなんだ。」と思いこんでしまっているのです。

だから私は、具体的にいいところを探して伝えます。

「ここ、いいですよ。」
「こっちは、何とかなりますよ。」

こうやって、いいところを探す毎日です(^.^)

しかしながら、いいところを伝えても、そういう患者さんたちはすぐには私の言葉を受けとることができない人もいます。

「いえ、ホントにボロボロなんです。」


専門家の私が「大丈夫!」と伝えているのに、すぐには信じられない・・。

それは、そうでしょうね。
今まで、何年も「もうダメだ。」と信じ続けてきたのですから。

では、そういう方には、いいところをどうやって伝えたらいいのでしょうか?

それは・・・・。


知りたい方は、日曜日に勉強会にどうぞ(笑)
こんなことを楽しく一緒に学びます。

  ⇒  いいとこ探し勉強会、参加者募集中♪

※私の毎日のこんな体験談に興味を示して下さる方もいます。
6月には京都でこういう日々の事例を発表してきます。

  ⇒ いいとこ探し眼鏡で医療が笑う

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)