主観的に動き、楽観主義で行く

今週も働きました。

しかしながら仕事の成果はよくありません。

なので仕事に関しては、しっくりきません。

こういう時は俯瞰せよと言われますが、今回は俯瞰しません。


その理由は?



私の直感です。

数字と人の動き、人の心の姿勢は見事に一致します。
なので直感と言うよりも、私にとっては必然に近い感覚。

言葉で説明できるものではありませんが、私の感覚の中ではハッキリとわかる感覚(^.^)


今回のしっくりこないは、いつもとは何かが違います。
これだけは確信を持ってます。

こういうときは私の主観で進めます。

主観的に、ただし楽観性を持って♪


楽観性に関して言わせてもらえれば、多くの人は勘違いしています。
楽観性がリスク軽視と同義語になっているからです。

「何とかなるさ。」

と言いつつ、会社がつぶれる。職を失う、試験に落ちる。

こういうことを楽観的とは言いません。


リスクを捉えつつ困難な状況にも希望と楽しさを持ち続けることが、楽観性です。

まあ、基本的に私は困らないのですが、いずれ困るのはスタッフたちなので、ヒントを与えているのですが・・。
さて、来週はどんなアプローチで行こうかな?

そんなことを考えながら終えた今週でした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)