沈み込みもOK

今日の帰りの1枚です。

仁賀保より

明日から復活することに決めました。

沈み込んだあとは、ジャンプですからね。

と言うか、ジャンプの前には沈み込まなくてはいけませんから(^.^)

今夜までじっくりと沈み込みます。

何事も必然ですね。

気づくと、一瞬の出来事のような感じです。

それでは、お休みなさい(^.^)

コメント

ヒトデの物語

この頃、素敵な夕陽や月が続きますね。

昨日は、日没間際に
最後の総体を終えた娘を乗せて
岩城の道の駅に走りました。
助手席の窓から見え隠れしていた輝きは
到着する頃には
低い雲に、すっかり隠れてしまっていました。
にかほ方向にしておけばよかったねと笑いました。

数日ぶりにブログにおじゃましたら
スキンの変更されたのですね。
思わず あっ!と声になりました。

ご存知かもしれませんが
CTIには「ヒトデの物語」というのがあって

砂浜に打ち上げられた数え切れないくらいのヒトデを
ひとつひとつ拾い上げて海に投げ返している人に
「そんなことをして、いったい何になるのですか?
 時間の無駄ではありませんか?
 こんなにたくさんのヒトデがあるのに・・・」
と声をかけると、その人は
足元にあったヒトデを思い切り海に向かって投げ返し
「あのヒトデにとっては、意味がありました。」
と、次のヒトデに手をのばした

・・・というようなお話なのですが

最近、これを繰り返し思い出していたところでした。

明日の夕陽も楽しみですね。

ヒトデ

総体お疲れさまでした。
娘さんは新たなステージに行くわけですね。

そしてヒトデ物語、初めて聞きました。
何だか深い話です。

抽象的な話だと好きに解釈できるからいいですよね。

またコツコツと写真を撮って行きたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)