スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の欲求について考える

よく心理学や、コーチングの本にも紹介されますが、マズローの欲求階層説をご存知ですか?

あのピラミッドのあれです(笑)

自己実現の欲求
承認欲求
社会的欲求
安全欲求
生理的欲求

一番下が生理的欲求で頂上が自己実現の欲求です。
今月読んだ本の中の3冊に、記載があってちょっと笑いました。

どれも説明は同じです。もう当たり前のこととして理解されている内容のようです。

「人の欲求は、低位のものから、上位のものへと向かう」
「人は低位の欲求が充足されると順に上位の欲求に移行していく」

これって、どう思いますか?







必ず低位から満たして行くのが当たり前なのでしょうか?

例えば、被災地支援をしている若者の中には、住むところもままならないまま、都会の仕事を離れ、貯蓄を切り崩しながら、現地に住むことを決め支援活動をしている人もいます。
(結果的には、ここからつながりが生まれ、組織化されて、収入にも結びついていくことになります。もちろん、社会的な承認も十分満たされる活動に育っていった結果として。)

いきなり自己実現の欲求が最初でもいいと思いませんか?

これから必ず増えていく社会起業なども、自己実現欲求、承認欲求が先にあり、それから下位の欲求が満たされていきます。

安全欲求には、収入などのお金も含まれますが、お金を満たされないから、上位の欲求に行けないという時代ではないと思うのです。

マズローの欲求階層説、何も考えずに信じ込んでいませんか?

固定観念、枠に縛られずに、自分のやり方で自己実現を目指していけばいいと思っています。


いきなり自己実現を目指すのはダメですか?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。