リサロッテ・バイヤート氏の「レジリアントなチーム」分科会の学び

レジリエント(回復力)をイメージする物として、らせん状のバネはふさわしいと思います。
素敵なアイディアです。

ソリューションフォーカスの作用をあらわすイメージとして、日本の針治療の針の写真を使ったことはわかりやすく伝わって来ました。

チームのレジリエンスを高めるためには・・・。

ベルギーのリサロッテさんが大切にしていることを3つ教えてもらいました。

その中のひとつ「役に立つ会話をする」。

役に立つ会話とは・・・。
・今よりうまくいく未来
・ありがたいこと、楽しいこと、できること
・最初の一歩

書くとこうなりますが、違うんです(笑)
正直、言葉では伝えきれません。

成果を上げている人というのは、あまりゴチャゴチャと振り回されず、そのシンプルなことを美しく貫きとおせる人だなと感じました。

本質的なことがブレナイんですね。
SFの威力を再確認できました。


「役に立つ会話」

私も実践します。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)