悩み相談とコーチング

午後からある患者さんが来院しました。

悩んで決めることのできない方です。
過去にもいろいろと相談にのって総合病院、大学病院などを紹介したのですが、それでも悩みは尽きません。

前回も途中で来なくなったので、どうしたものかと思っていました。
そしてきょうた久しぶりに相談のため来院でした。

こういう方の治療は難しいです。

・自分でどうしても決めれない人

・専門家の話を聞いても、自分の考えを変えれない人

・現実を受け入れられない人

聴いても聴いてもダメでした。
前回もかなり聴いて、方向性を出したつもりでしたが、結局は、勝手に来院中断・・・。

さて、今回はどうアプローチしようかと考えています。
(こういう方には、コーチングは効果ありません。)


ただひとつ言えることは、いろいろな診療機関をまわった果てに、またうちに来るということは、何かを私に期待しているのでしょう。
(たぶん、それは、私のできることの範囲を超えていることは容易に想像がつくのですが。)


治療では、私は自分が「できること」と「できないこと」を明確に患者さんに提示します。

できない治療ややらないことに関しては、必要なら信用のおける医療機関を紹介します。
これは医療機関の当たり前です。

ところが、そういうことを話しても尚且つ、私のやらないと提示していることについて、頼ってくる?方がいるのです。

なかなか悩ましいでしょ(^.^)


答えは私もまだ持っていませんが、大切なのはここでキレないことです。
楽しむんです。



こういう日々が、医療現場のコミュニケーションの難しさと面白さです。

考え、実践してみて、結果をみる。

さて、今回もトライしてみます。

コメント

最近、ブログを拝見するのが日常の楽しみになっています(^ー^)ノ

ハードなケースですね。
ただ、この患者さんの気持ち、私には分かるような気がします。
魚は大海の中で自由に泳ぎ回りますが、
結局、温かい水のところに戻ってくる
人もまた、温度には敏感なのでしょうね。

何かを「期待している」からでしょうか?
それとも、そこに行くと「満たされることを知っている」からでしょうか?

それにしても、
「楽しむ」という姿勢がいいですねぇ~☆
もうそこに、解決の糸口が見えてるような気がします(^_^)

Inoueさんへ

Inoueさん

こんばんは。
つたないブログを読んで頂きありがとうございます。

自分でも読みにくいブログだと思って書いてます(笑)
私も毎日、こんな感じで苦労?しながら進んでいます。

楽しむことに共感していただき嬉しいです。
ここに響く井上さんも、きっと毎日楽しみながら進まれているんでしょうね♪

井上さんのブログやfacebookなどあればご一報くださいね。それでは~(^.^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)