一番長いおつきあいの患者さん

昨日の午前中にカルテ番号18番の患者さんの治療をしました。

かなり若い番号の方なので気になって、カルテの中をちょっと見てみました。
初めての来院日が平成9年6月2日、うちの診療所の開業日でした。

たまたまですが、その患者さんの次に治療した方も、平成9年10月が初来院でした。

お二人とも15年のおつきあいです。

しかし、こうやって長~くおつきあいのある患者さんばかりではありません。

途中で来院が途切れる人も多いです。


「10年以上通院している患者さんには何か共通したものがあるのかな?」

答えのない問いですが、そんなことをふと考えた一日でした。


みなさんなら、自分にどんな問いかけをしますか?

「来院が中断する理由は何だろう?」
「なぜ患者さんたちが続かないんだろう?」

こういう質問ばかりになっていませんか。

なぜ、うまくいっているのだろう?

ときにはこんな視点で考えてみることをお薦めします。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)