スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうやって笑わせようか?という基準

私の友人でとても評判のよい講師の方がいます。
その方が講座に向かうときに一番意識しているのは、

「今回は、どうやって笑わせようか?」ということだそうです。

実は先ほどもそんな内容のメールをもらいました。

うまくやろう、しっかりやろう、結果を出そう!
などと意気込んで、深刻な表情をしている人たちに比べて、はるかにいい影響を参加者に与えてくれるでしょう。


笑わせたい、という気持ちはまさにホスピタリティです。


人を動かすのも、人をやる気にさせるのも、笑顔がないとできません。

仕事をしていると、深刻な顔をして一生懸命に自分の正しさを証明しようとする人たちがいます。

真剣な顔をして私に近づいてきます。
真剣な声で電話セールスをしてきます。

しかし、私はちっとも嬉しくもなく、心も動きません。


笑いというのは、実はとても正確な判断基準になります。

先ほどのように「笑いをとる講座」を目指すと、かなりの確率でとてもいい講座になります。

仕事も同じです。

例えば、現在、スタッフの募集をしていますが、一緒に仕事していて、一緒に笑える人という基準が大きなウエイトを占めると思います。

笑いを大切にすることは、何をするにしていも、かなりいい線いけると思います(^.^)

みなさんの仕事中の顔は、笑っていますか?

深刻な顔してたら、相手には何も伝わりませんよ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。