適応だけではなく

これから採用面接が始まります。

何名かの人と会っていくことになります。

うちの職場に合っている人が見つかることを期待しています。



新しい環境に入ったらまずは「適応」です。

しかし、それだけでは足りません。

その環境に「プラスの影響」を「与えようとする人」でなくてはなりません。


これは就職に限らず、新しい環境に入る人すべてに求められることだと思います。
入学、進学、転職、異動等々。


新しい環境に入っても、ただ合わせようとするのではなく、与えることのできる人。

なかなか難しいことなんですよね(^.^)


※参考までに私が準備している質問事項です。

このうちのいくつかを聞いていきます。


・健康のためにやっていることは何ですか?

・忙しいときに頼まれごとが来たら、どうしていますか?

・パソコンの文字入力はどれくらいできますか?

・笑ったとき、自分の口元にはどれだけ自信がありますか?

   1・2・2・4・5 (5点満点で)

・新しいことをおぼえるときに、どんなやり方がこのみですか?

 ①聞いて覚える
 ②見て覚える
 ③読んで覚える
 ④やって覚える

・仕事がうまくいかないと、どんな行動の特徴(くせ)があらわれますか?

・人に教えるとき、どうやって教えようとしますか?

・自分の強みは?

・自分の欠点は?

・今まで、どんな人と仕事を組んだとき成果が上がりましたか?

・仕事を通じて、自分の何を満たしたいですか?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)