スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きなことをきっかけにする

数ヶ月前に初めて一眼レフカメラを買いました。

使っていたコンパクトデジカメだと何となく色や表情がしっくりこなかったからです。

知識もなく、てきとうに写しているうちにだんだんと面白くなってきました。

やっぱり色の再現や写り具合が全然、いいんですよ(^.^)

私は、海とか自然の風景が好きなのですが、一眼レフを買って一番良かったと思うことは、

今までよりも、身近な自然をじっくりと時間をかけて観察するようになったことです。


例えカメラを持っていないときでも。

一眼レフを買ったことが、自然をよく観察するようになる、いいきっかけになってくれました。

きっかけなんですね、大切なのは。


秋田市の和みアートの高橋みどり先生が以前、興味深い話をしてくれました。

描いた和みアートを見ながら「いいね、いいね。」と言ってると・・・・、

絵だけでなく、日常の「いいね」に気づくようになっていくのだそうです。

和みアートをきっかけにして、いいねに気づく気持ちに変化していくことが、たまらなく嬉しいと語ってくれました。

わかります、わかります。
私のカメラと一緒です(笑)いや、例えが違うかな(^.^)

カメラと和みアートは、ちょっと違うかも知れませんが、何かをきっかけにして「ものの見方」や「解釈」が変化するっていいですよね。


みなさんの、ちょっとした「きっかけ」は何ですか?

コメント

カメラも和みアートもおんなじですねー(^-^)
ちっちゃくても「気づき」のたくさんある一日がいいなー
そんなちっちゃな気づきが、見方や解釈を大きく変えるきっかけになると私も思っています。
佐藤コーチのコーチングセミナーは気づきをたくさん作ってくれますね♪だから行きたくなるのか!

気づき

人に強制的に与えられる気づきよりも、自分で参加して、自ら気づきを得て行くことができるのが理想ですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。