ポジティブに関わるトレーニング環境

歯科の開業医をしている佐藤です。

16年目ともなると、ほぼ顔なじみの患者さんがほとんどです。
ホントにいろんな個性を持った患者さんがやってきます。
もしみなさんが、この仕事をやるとしたら、もっとも難しいのは「知識」や「技術」の習得でもなく、きっと「感情」のコントロールでしょう。

ネガティブな人、

否定的な人、

わがままで自分本位の人、

怖がりな人、

こういう患者さんが、ときどきやってきます。
そして、こういう患者さんたちにポジティブに関わることが私の日々のトレーニングになっています(^.^)

特に難しいのはわがままで自分本位な人にポジティブに関わるときです。


今朝もひとりこういう患者さんが・・・、

緊急性も少なく、いつも突然やってくる方なので、予約の患者さんたちの空き時間に診ることを話したのですが、「このまま我慢しろっていうのか!とにかく俺を先に治療しろ!」という態度と口調で迫ってくるのには参りました。

まあ、これくらいは日常茶飯事ですが、ここで大切なのは感情のコントロールです。

そして、こういう人にポジティブに関わることが私の日課なのです。

医療現場は、ポジティブコミュニケーションのトレーニングには最高です。

ハハハッ。

ちなみに、上記の患者さんには、ポジティブに関わりながら、しっかり待ってもらいましたよ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)