ゆずり葉の会30周年設立記念講演

午後から秋田県在宅保健師等ゆずり葉の会設立30周年記念事業講演会に招かれて講演をしてきました。

演題が「絆を深めるコミュニケーションスキル コーチングについて」

~夫婦・親子・友人との大切な絆を深めるためのコミュニケーション~

会場は秋田県市町村会館でした
記念講演


久しぶりに緊張しました。
30年という歴史のある会の記念事業での講演で、参加される方も、みな大先輩ばかりです。

到着後、池田会長、佐藤副会長、書記の本間さんとの会話でほぐれました。

さて講演会には、90歳の大先輩も参加されていてその学習意欲には大いに刺激を受けました。

「絆」というテーマについて私がまず思い浮かんだのは、9月の秋田県歯科医師会での講演です。

岩手から3名の先生(歯科医師、技工士、衛生士)が来てくれて、震災直後から現在に至るまでの支援活動のことを話して下さり、「絆」について考えさせられたことを紹介しました。

絆とコミュニケーションについて、ゲームを通じて和やかにかつ考えながら、いい雰囲気で学ぶことができたと思います。

「相手と接するときに○○○があれば、お互いの絆(つながり)が深まるだろうな~。」

例えば、この○○○に入る言葉をグループでクルクルと出し合ったりするゲームもしましたが、みなさんなら、どんな言葉を入れますか?


ゆずり葉の会30周年


それにしても保健師のみなさんの意欲には本当に驚くばかりです。

講演後、皆様からの質問やあたたかい感想をたくさん頂き、ホッとしております。

久しぶりに緊張感を味わいながらの講演でした。

30周年という記念すべき事業でこのような機会を与えて頂いた「ゆずり葉の会のみなさま」には心より感謝申し上げます。

また細やかな準備をして下さった国保連合会の大城様にも心よりお礼申し上げます。

ありがとうございました。

あ~、きょうもいい一日でした。





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)