この1カ月で決めたこと、やったこと②

前回の続きです。

この1カ月は、いろんなことが重なりました。

前に進もうとする私を妨げるようなこともありました。
営業妨害に近いような実質的な引き抜き、辞めたスタッフからの勝手な要望・・・。

もちろん対処しなければなりませんが、そこに意識は向けませんでした。

私が意識を向けたのは、

今、いるスタッフの強みと可能性、

そしてこれから私たちと患者さん双方が良くなるためにできることです。



新スタッフが決まるまでは、時に、体力的にきつい日もありました。

しかし、日々、いろいろなことに改善を続けていたので、例え新スタッフが決まらなくても「何とかできる。」「今までより良くなるしかない。」と確信的に楽観視していました。

ひと言でいうと、「うちらならできる」と信じてました。

やったことはまだまだ沢山あります。

例えば、カルテの管理を番号順にシンプルに並べかえて、探す時間が大幅に短縮されたのですが、これだけではまだ未完成なのです。

それは患者さんにも協力してもらうことです。

カルテを迅速にとり出すことは、患者さんにも私たちにも大きなメリットありますから、患者さんを仲間にしてしまうのです(^.^)
配布文書

こういったチラシを貼り出し、ひとりひとりに手渡し、定期健診のハガキにも記載します。
患者さんに協力してもらうことで、番号順のカルテ管理システムが活きてくるのです。

ここ数日は、さっそく患者さんたちから番号と名前を最初に話してくれる人が出てきましたよ(^.^)

まあ、こんな小さなことをコツコツと積み重ねて来て、

11月になって実感していることは・・・。

患者さんたちが増えました。
正確には、昔、通院していた患者さんたちからの予約がかなり増えたのです。


私たちの努力を見ていてくれたと思うには、まだ期間が短すぎます。

しかし、不思議なことに明らかに患者さんが増えました。

しかも、スタッフと患者さんたちの関係性が良くなったことはハッキリと感じ取れます。

いずれにせよ、今、私たちはひと山越えました。

数字というよりも感覚的なものですが、良くなっている実感はあります。

あと1~2カ月すれば、数字の変化にも出てくることでしょう。

今の私は、腰と背中が痛いです。
しかし、気持ちは清々しい気分です。

いっとき、カウンセリングかコーチングを受けたいと思ったこともありました(笑)

私がやったことは、まだまだ沢山あるのですが、とりあえずこれくらいにしておきます。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)