コミュニケーションの話

若い人にコミュニケーションの話をしても興味を示す人は少ないと感じています。
日本では、学生採用のときに最も重視するのが「コミュニケーション能力」と答える企業が最も多いのですが、学生はあまりピンときていません。

コミュニケーションの重要性を感じることができないのは、そういう体験が少ないからかも知れません。
あまりに漠然としていて、つかみどころがないのかも知れません。

学生は、学校や大学で学問を学びます。科学的に考え、「なぜ」を大切にするように教育されてきました。
単位や資格に高い価値観を感じています。

これに対してコミュニケーションと言えば、学問でもなく、国家資格でもなく、漠然として掴みどころのないイメージです。しかも、実際に人とのいろんな体験を積まないことには高めることができません。
ゲームや携帯ではなく、五感体験の豊富さもコミュニケーションの基礎になります。


専門的な学力の高さは、多くの人に役立つ価値があります。
しかし、どんなに学力が高くても企業に就職して、人がついてくるかと言えばそうではありません。

そのひとつの要因として、人の失敗に対しても、学問と同じように「なぜ」と追求しないと気が済まない思考回路があるのも一つの要因だと思います。

頭が良くて切れ者でも、とても嫌な感じの人はどこにでもいます。(悪気なくですが)
そういう人の特徴は、とにかく悪いところの原因追求「なぜ?」「何で?」
そして、人の話は聞かない。

学問と人の組織は違います。

しかし幼稚園から大学まで、私たちは、長年「なぜ?」という思考回路で教育されて来ました。

人とのコミュニケーションに「なぜ?」ではなく「どうすれば?」というフレームワークはすぐには受け入れがたいのかも知れません。

これは社会で揉まれて、いろんな体験や苦労をして、その価値がわかってくるのだと思います。

社会人になると少しずつコミュニケーションに興味を示す人が増えてきます。

今日も嬉しいことにそういう人とつながりました(^.^)

コミュニケーションに興味を示す人は、いろんな体験、苦労する中で、いろんなことを考え学んできたのだろうなといつも感じています。稀有な存在です。


コミュニケーション、決して単なるテクニックやスキルではなく、何て言うか「苦労した人だけがその価値に気づくことのできるもの」なのかも知れません。

うーん。
まとまりませんが、これくらいで。

コメント

こんにちは^^
とても読みやすいブログですね☆

まだまだ勉強中の私としては、
色々と参考にさせてもらえました(。・ ω<)ゞ

私はネットでお小遣い稼ぎブログを書いてます♪
拙い文ですが、見に来てくれると嬉しいです( ´ ▽ ` )
http://getmoney-tron.com/


あかり

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)