手放すことで開ける道

持ちすぎているものを手放す。

こんな当たり前のことを今年は、コツコツと続けました。

洋服とか本とか手紙とか写真などより、もっと判断の難しいものたちです。


役職を手放す。

仕事の書類を手放す。

カルテを手放す。


例えばこういうことです。

つまり強みと思いこんでいるものを手放すことをしました。

その結果として、何が起こったかというと・・・、 「目の前の今」に対して意識の集中が高くなりました。

過去を手放しているのですから、とにかく今に集中して、これからのことを考えるようになります。


役職を捨てることで、自分の本当の価値を試すチャンスを探すようになります。

仕事の書類を手放すことで、過去の成功体験にとらわれない、新しいフレームワークで考えるようになります。

カルテを手放すことで、今、目の前にいる患者さんに何が起こっているのかを、自分の目と手とその他の感覚を総動員して診るようになります。

今まで強みだと思っていたものを手放すと、これほど前に進めるものだとは思ってもみませんでした。


役職、肩書き、もしかして使うかも知れないと5年以上保存している書類など、例えばこういうものをみなさんも手放してみてはいかがでしょうか?

過去にとらわれずに、今に集中する状況が自然と出来上がります。

身軽になって前に進めます。

私の今年は、こういうことを続けた1年でした。

12月は来年度の役職を辞退するために動いています。

後輩にバトンタッチするのです。

役職や肩書きを捨てた後が、本当の人のつき合いが始まります。

手放せば手放すほど、今に対する感覚が冴えわたり、いい結果が出ることを年末の今、実感しています。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)