先生たちの送別会でのスピーチ

平沢小学校を離れる先生たちのPTA送別会がありました。
お世話になった先生たちなので、仕事を終えて急いで参加しました。

送別会

参加直前に「最後のあいさつお願いします。」とメールが入ったので、先生たちへの贈る言葉と1本締めを考えていました。

が、実は最後のあいさつではなくて、6年間のPTA卒業のあいさつだということが話す直前にわかりました。

久しぶりに焦りましたよ~(^^ゞ

いつものようにアイスブレイクや質問で双方向のスピーチにするわけにもいかず、もうそのままアドリブで思ったことをそのまま言葉にしてきました。

言いたかったのは「先生たちなら、どこへ行っても大丈夫!」ということと「何かあっても私たち平沢小学校PTAが応援しています。」ということだったのですが、伝わったかな・・。

何だか自分としては、準備不足の不完全燃焼なスピーチ内容でしたが、帰り際に、ある先生から「いいスピーチでした。」とは励ましてもらい、まあよしとしました(^.^)

4月からは、新しい場所と環境でスタートするわけですが、平沢小学校での経験をもとに、自分の力を信じ、発揮して欲しいと願っています。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する