そこにある満足感

きょうは、仕事が終わって満足した気持ちになりました。

特に大きな仕事を成し遂げたわけではありません。

ただ、いつも通りに仕事をしました。



小さな仕事は、すぐに成果がでません。

成果が出ても、それは他のメンバーのおかげかも知れません。

すぐに相手の喜びの反応がわかる仕事は誰にとっても、満足感はあるものですが、それは仕事の表面の一部にすぎません。


小さなことに満足感を感じることは大事だなといつも思います。

これができる人はいい仕事ができるし、中期的な成果を出せる人です。


人と比較せず、何でも勝ち負けで判断せず、何でも善悪で判断しない。

自己肯定感を反映させるのは、こういうところですね。


自己肯定感が低いと「満足した気持ち」ではなくて、「あと少しで満足しそうな気持ち」を感じるのでどこまでもどこまでも終わりがないのだと思います。もっと、もっと・・・。


さて、今日を振り返って、何がうまくいきましたか?

そして、それはなぜうまくいったと思いますか?



おやすみなさい(^.^)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する