5月は基本の繰り返しを

基本が身についていない人は仕事が遅いので、それを何とかしようと「自分なりの独自の工夫」を始めます。

しかし、それは工夫ではありません。

まわりとの共通言語がない、ただのマイルールです。

5月は特に基本を大切にしましょう。


歳をとるにつれて、仕事の基本を覚えるのが遅くなります。

高齢者にパソコンを教えたときのことを思い出してみて下さい。


こういう基本を身につけることに難儀している年代にどう基本の大切さを再認識してもらうか?

高齢化社会のマネジメントの難しさのひとつだと思います。


若い人には、基本の反復。

反復しても身につかない人には、違った適正を考えるべきかも知れません。


今夜は、前からちょっと頭に浮かんでいたことを言葉にしてみました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する