スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あり方と振る舞い

一見、ごく普通のお店。

しかし、何度か通ううちに、スルメのように味を出すお店があります。

一般的には、お店はまず視覚優位にお客さんを集めるものですが、それを超えて人をひきつけるお店に出会うことが、ごくまれにあります。

一見、普通の店なのに・・・。


そういうお店は、店の人の「あり方」が、しっかりしているんですよね。その「あり方」がしっかりしているから、ひとつひとつの振る舞いがとても魅力的だし、あらゆるところで、言外にそのブレないあり方が伝わってきます。

お店は人だな~と感じるのは、こういうときです。


あり方・・・。



以前、セミナーである参加者の方が、「高いセミナーだと、最初にセミナーに参加した目的や、どうありたいかを聞くことが多いです。」と話していました。

みなさん、自分のありようを求めてセミナーに参加するものです。

そのヒントをセミナーに求めて・・・。


しかし、
自分の「あり方」はセミナーにはありません。

探しに行くものではありません。


いまここで、どうありたいかなんだと思います。


ここにあるもの。

自分で決めるもの。

自分で導き出すもの。


仕事人としての自分のあり方、そんなことを考えながら午後も仕事を続けています。


仕事人のあり方は、おつきあいが長くなればなるほど、確実に伝わるものですから。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。