スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

診療とコーチング

診療とコーチングはとても似ているところもあるし、対極的に違うこともあります。
両方やっていると,いろいろ気づきがあって面白いです。

診療中の患者さんとの会話でたまに出てくるのが、

「これは、治療ではできません。」
「これは、治療では無理です」

というフレーズです。

これはコーチとしての会話では、まず出てこないフレーズです。

コーチングでは、できないことを可能にするための会話をします。
診療では、できないことは絶対に約束しないということが大事なので、最初の段階で、「できないこと」をハッキリと話すことが大切です。


そのためには、自分たちの仕事の力量を客観的に把握しておくこと。
診療はエビデンスに基づいてますから、やってみよう!の感覚ではできないのです。

診療中の会話とコーチングセッションの大きな違いを感じるのは、こういうときですね。

しかし、この会話にしてもやはり相手のために話しているのですから、スタンスは同じなんですよね。

どちらも相手のために話してますから。

なので、「できないこと」を話したあとに患者さんが劇的にモチベーションされる姿を何度も経験してきました。

ここが奥深く、不思議なところです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。