ダイバーシティ&インクルージョンのクラス2回目 違いを超える視点

鼻炎で苦しい一日でした。

仕事終了後、夕日を横目で見ながら海に行くのをグッと我慢して帰宅。
6時50分からのダイバーシティ&インクルージョンのクラス2回目に参加しました。

今日は「相手との違いの扱い方」と「違いを超える視点」がテーマです。


人それぞれの違いを知ることで自分に生じる反応や感覚。
そこから生まれるストレス反応(戦う、逃げる)
そこを超えていくためのWin,Winのための強みの着目した視点。

とまあ簡単にまとめるとこんな流れでした。

参加者はほとんどベテランが多く、違いを受け入れる許容範囲がとても広い人たちばかり。
既に違いを超えた視点で日々、現場活動している人たちです。

と私は感じました。
CTPのクラスは答えを教えてくれる場ではなく、参加者の現場の答えを収集して、シェアする場なんですね。

まあ、これは私の視点ですけど。

違いを超えた視点というのは、毎日、チームや組織で働いている人ならば、普通にやっていることですね。
会社でもNPO組織でも。

共通点ではなく、違いを積極的に組織力に取り込むことができようになるためには?

・・・・
・・・・

答えは目の前の現場にあります。

少数クラス、なかなか面白かったです。

アドバンスクラスなんですが、内容は基本の基本を復習している感覚です(^.^)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する