断ることの誠実さ

月曜日らしい、月曜日でした。
私の月曜日らしい月曜日とは・・・・、

月曜の午前中は、飛び入りや、急な仕事の依頼などが入ってくることを予想して、
ある程度、仕事の予定を控えめにしています。
ところが、たいがいはその予想を越えて、仕事が混みあいます。

これが私の月曜日です。

今日は、『仕事を断る』ということについてちょっと書いてみます。

善か悪かの2極論では考えないで下さいね。

・私がたまに行く飲食店なのですが、どんなに混んでいてもお客さんを断ることなく、待ち時間の立て札をかけることもしないお店があります。なので、知らずに入ってしまうと待ち時間が長くて、お客さんたちの雰囲気の悪いこと悪いこと・・・。
私もしばらくは行きたくないなと思ってしまいます。

・以前、地盤改良の仕事を依頼した業者なのですが、できない仕事なのに引き受けた会社がありました。
もちろん、できなくて途中で逃げて行きましたが、これもまた無責任極まりない社長でした。

自分ができる仕事の質と量を見極めて、できないことは引き受けないことは、誠実さだと思います。

土曜日の夜にいちこまさんに言った話を昨日のブログで書きましたが、実は金曜日の夜に行ったときは、満席でお断りされたのです。私たちも予約していなかったので、残念でしたが、それはそれであきらめもつきます。

私も仕事では、できないことは引き受けないことをかなり前から徹底しています。

もちろん診療は、基本的に何の理由もなしに断ることができないというルールがあります。
なので医療機関がどんなに混んでいても断らないのは規則があるせいなのです。

しかしながら、混んでいる状況を話して予約を延ばしてもらったり、
自分ができない診療であれば、適切な医療機関を紹介したりします。

これって当たり前のことですが、世の中、できない仕事を引き受ける人は結構いるんです。
そしてトラブル・・・。
(身の程知らずか? 欲張りか? どっちかなんでしょうね?)

無理してでも引き受けることは、結構、簡単なんです。

しかし、断ることの方が難しい。

うちの職場は、実は断ることの苦労を何年も重ねて来ました。
(誤解のないように書きますが、救急の症状の場合はもちろん優先してみます。)

マーケティングとか、患者さんを増やす努力よりも、
うちはどうやってお断りするかということにかなりの年月と時間をかけてきました。

もし患者さんを減らしたい、お客さんを減らした要望があれば、
経験とノウハウがありますので御相談下さい(笑)

コーチングとかSFはこういう時でも役立ちます。

きちんと理由を話す。
ポジティブな関係と雰囲気を保ってお断りする。

次にどうするかを提示する。

こういうことも大切なんです。

断ること。

それは誠実さであったり、責任感であったりします。


みなさんが、断るときはどんなときですか?


※まあ、誤解する人もいそうですが、書いてみました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する