スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若松亜紀さんの新刊  タイプ分けの視点

若松亜紀さんの新刊、読みましたか?

タイプ分けの視点が楽しく、日々、使えるように書かれている内容です。

           img010.jpg


「トラブルが起こったときの対処法」または「日々を快適にするコミュニケーション」

「職場でうつが発生したときのメンタルヘルス」または「認めあえる職場のコミュニケーション環境づくり」

みなさんなら、どっちを選びますか?


好みだと思うんですが、どうも世の中は、トラブル後の対処の本や研修の方に関心があるようです。
最近、あるプロジェクトに参加して、改めて実感しました。

私なら後者が先で、それから前者という順序なんですが・・。


さて、この本は、事後処理の本ではありません。
日々、使える視点が満載です。

週末にお薦めします♪

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。