評価すること

自分のところの組織を成長させるには、

組織の戦略やルール、環境を変えてアプローチすることもありますし、

全体ではなく、個人へアプローチして成長を促すときもあります。


まあ、ざっくりした話ですが、あたりまえですね。

どちらのアプローチも突き詰めれば、同じことを目指しているんですが、いろんな方向からのアプローチがあった方が、成長するチャンスが増えます。


それで、個人へいろいろアプローチしていくわけですが、

そうすると、当然、個人を評価することが不可欠になりますね。

フィードバックのためにも。


この正しく評価するというのが、なかなか難しいものです。

何をどう評価するのか。



評価には、利点も欠点もあり、

どちらかというと評価の欠点が言われることが多いですが、

やり方です。



コーチやカウンセラーの方は、評価に敏感です。

なるべくやらないようにしている。


やりすぎもやらなさすぎも、どっちもどっちです。


評価は、大切です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する