仕事の責任

責任ある仕事をするには、

毎日の実現可能な仕事量を把握することが、まずは大事で、

次に、

それを超えた仕事の依頼が来たときに、どうするかのスタンスやルールを、

決めておくことも同じくらい大事です。


最大限コントロール可能な範囲の仕事量を知ることは、仕事の責任を考えることと同義です。


それを超えても仕事を引き受けるのか?

そこが現実の仕事の難しさです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する