外部発信のリスク

ざっくりとした感想ですが、今年は仕事の流れがいいです。

2年ほど前に比べると全然違います。

規模的には受け入れできる人数は限られているので、

HPや院内新聞、広告などで外部発信をしないことにしています。

外部発信することで、受け入れできる仕事量以上の集客リスクを避けるためです。

2年ほど前のある時期は、結構、暇な期間が1年くらいありましたが、

そのときも、同じスタンスでした。

開業して間もない時期とか、

都市部ではこうはいかないでしょうね。

田舎で20年やって、やっといい流れができたかなという感じです。

営業、集客せず、今の患者さんたちに集中していくことが、うちの診療所の長い間の方針です。

私の個人的な考えですが、医療機関、診療所は、

『現在の待ち時間』

『本日、何時に、何人入れるか』

を1日1回か2回更新で発信して欲しいです。

HPでもフェイスブックでも何でも。

まあ、うちはそれもやってませんが、玄関のホワイトボードには、入れる人数だけは提示してます。

話は飛んで、

秋田市で都市部の歯科医院らしいHPを見つけました。
なかいちの近くにできた歯科医院みたいです。

なかいちキッズワールドデンタルクリニック

開業したばかりだと、こうやって集客の努力が必要です。

続くかどうかは、腕次第ですけどね。

広告はあまりしてませんが、矯正なら山内歯科矯正歯科が、私のお薦めです。




健全であるということ

手を抜けば結果がでない、

正しく手をかければ結果も返ってくる、

もしそういう環境、組織にいるのなら、かなり恵まれていると言えます。

環境や組織としては健全な状態。


この1ヶ月の実感として、

私のまわりは健全な組織が多いと感じました。

恵まれていると思います。

みなさんのまわりは、いかがですか?


リフレッシュ

仕事の毎日ですが、自分のリフレッシュは必要ないです。

ストレスになってないので。

ただ体力的には疲れもたまります。

そうすると、何かに凝りだす性分で、

今、凝っているのが車の消臭とガラス磨き。

車のリフレッシュですね。



車の消臭グッズはいろいろ買いました。

ほとんどが効果無かったのですが、

何となく効いたかなと感じたのは、ドクターデオのスチームタイプ

イエローハットでは一押し?コーナーまでありました。

それなりに効いたかなと感じたのは、ミラクリーンR 業務用消臭剤。

芳香タイプは嫌なので、もう少しいろいろ試してみようと思いますが、今のところはミラクリーンがお薦め。

天気の良い日に日干しとペアでやってみるといいです。


ガラス磨きは、コンパウンド入りのガラコでやってますが、これもまたイマイチなので、いろいろ購入して試してます。


一度凝りだすと1,2カ月は止まらないんですよね(笑)

サイン

一時的なサインなのか、

何か大きな不調の始まりのサインなのか?


日々、直面するのが小さなサイン。

小さなサインに対応することができるかどうかは、やっぱり経験の多さ。


逆に今まで経験したことのないサインへどう対応するかは、

推察力です。


流してもいいサインに振り回されることなく、

しかし小さくても大切なサインを見逃すことがないように、


これがなかなか難しいです。

やる、やらないの選択

お昼にお弁当のメニューを見て一つ選びました。

それはつまり、それ以外のメニューを食べないと選択したことになります。

何でもやろうとするのは、

何でも食べようとするのと同じこと。

やらないことを決めれば、

やることに集中できます。


私は、忙しいそうに言われますが、そうでもないです。

自分の時間もたっぷりあります。


やることを絞っているからです。

そういう選択は誰でもできることです。

仕事の心得

組織や会社にとって重要なことは、継続していくことです。

うまくいかないことが続けば、仕事がなくなる、組織がなくなるという感覚は、ごく自然なことであり、

これがあるからこそ、健全な組織が育っていきます。


今日は私の仕事に関する心得を記します。

1.何でも屋にならない

 あらゆるニーズに幅広く応えることを目指さず、自分たちの分をわきまえること
 取捨選択です
 凹凸はあってもいいです。万能サービスは利点を失います。
 
2.営業しない

 営業とは必要以上のものを売ろうとすることです。
 要望を聞いた後に、必要とされていることを話します

3.言葉より仕事の与え方で人を育て、仕事の評価をする

 言葉より、仕事の与え方で、何が優先順位が高い仕事なのかを肌で覚えてもらいます
 仕事の評価も仕事の与え方で示します

4.年齢と適材適所を考えて仕事に配置

 どこまで伸ばそうとするのは、仕事では限界があります。
 年齢と能力によって適材適所の仕事配分を実践することです

5.育成したい人がいたら、唯一の方法は、面談

 継続的な面談以外の方法はないです

今回はここまでにします。
仕事中なので。

常識に縛られず、自分の最適解を目指しましょう。

マロは元気です



ハリネズミを飼って気づいたこと・・・。

かなり臆病で、怖がりですが、人には慣れます。

ふれあえるのは、朝と夜の食事時間のとき。
たまに与えるおやつのとき。

爪切りは、1~2カ月程度で必要ですが、
これが結構、難しいので、1日1~2本程度にしてます。
ニッパーでOK.

掃除は、広葉樹チップの交換とたまに容器の水洗いですが、あまり汚れません。
匂いもほぼ気にならない程度。

体重は、200~500グラムが平均みたいですが、
餌の与え方にかなり左右されるみたいです。

秋になって、夜の冷え込みも出てきたので、うちでは1階から3階へ引っ越ししました。

最近は、週に1回くらい足湯のお風呂にしています。

針とかネズミを想像される方もいると思いますが、

ハリネズミは、かわいいです。



詐欺サイトでした

うっかりと、てきとうに検索しながら買い物していたら、

詐欺サイトでした。

あらら、

http://www.sliters.pw/

品質保証というサイト。


・株式会社 電子部品
〒003-0622 北海道札幌市白石区菊水元町
TEL/FAX: 011-563-3156
・店舗運営責任者:照井 健一
・店舗セキュリティ責任者: 照井 健一
・店舗連絡先: globalsales@gobest.win


気づいたのは振り込んだ後・・・・。

ネット詐欺に騙されたのは初です。

いつもなら途中で気づけるポイントがいくつもあったのですが・・・。

前払いで口座名が、怪しい中国名だったら、ふつうは気づきますよね。

みなさんも気をつけて買いものしてください。





ダイバーシティよりももっと考えなくてはいけないこと

昨今、経営や組織運営において、「ダイバーシティ」の概念を持ち合わせることが、

時代の流れの必須であり、

時流の流れにマッチした高度な概念であることをうたう記事をよく目にします。

ダイバーシティとは、概略すると、

人はそれぞれに多種多様であり、それぞれの多様性を認めつつ、さらには、その多様性を積極的に活用して、

その組織をさらに成長させて行こう。

と言ったかなり理想的で道徳的にも美しい考え方です。

国籍の違い、文化の違い、教育の違い、ハンディキャップの違い、男女の違いなど、

確かに現在は、それぞれが個人の考えや権利を主張して、認めることを求めあう時代です。

だからこそダイバーシティということをことさら強調しなければならないのでしょう。

考えるまでもなく、ダイバーシティは、言葉が目新しく感じるだけで、かなり昔から、言葉にするまでもなく、

人として当たり前の考え方であり、

田舎の小さな会社でもスケールの大小はあれ実践されていることです。

というかこういう考えがないと会社経営は不可能ですから。


さて、このダイバーシティの賛否はさておいて、

もっと現実的なテーマとして大切だと私が思っているのは、

高齢化を考えた組織運営です。

高齢化した人材の経験を積極的に活かすなどと綺麗ごとは言いません。

現実には、高齢化に伴い衰えた部分を仕事の中でどう理解して、自分の組織で対応するかということです。

ひとつは、忍耐、

ひとつは、役割を変える、

そういうことに本気で向き合う根気。

高齢化社員の雇用能力が経営者には求められる時代です。

ダイバーシティの概念では通用しません。


みなさんの組織でも現在進行形で、取り組んで行く必要があります。

創造して行動するために


学んだ後に、

改善や効率化するだけなら、やる気があれば、ほどほどできます。

そうじゃなくて、

新しいものを創造して、

行動して、

予測を超えた結果を出すことを目指すなら、

学び方から変える必要があります。


判断せず、

評価せず、

ただ深く聞いて、深く観察すること。


しばらく、そういう期間を経てから、

新しいものは生まれてきます。